インドネシア

スロヴェニア
インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家で、首都はジャワ島に位置するジャカルタです。
島々によって構成されている国家なのでその広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、東ティモールのティモール島、マレーシアのカリマンタン島(ボルネオ島)、パプアニューギニアのニューギニア島の3国だけです。
海を隔てて近接している国は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリア。
5,110kmと東西に非常に長い国で、さらに世界最多の島嶼を抱える国でもあります。人口は2億3000万人を超える世界第4位の規模であり、世界最大のイスラム人口国としても知られています。

インドネシアは基本的に農業国であり、品種改良されたカカオ、キャッサバ、キャベツ、ココナッツ、米、コーヒー豆、サツマイモ、大豆、タバコ、茶、天然ゴム、トウモロコシ、パイナップル、バナナ、落花生の生産量が多いです。
工業では軽工業、食品工業、織物、石油精製が盛んでコプラパーム油のほか、化学繊維、パルプ、窒素肥料などの工業が確立しています。
 また日系企業の多くが現地に子会社・あるいは合弁などの形態で、多数進出しています。

インドネシアは古くから香辛料の国として有名であり、モルッカ諸島はニクズク、チョウコウ、コショウ等香辛料の島として知られています。
さらにインドネシア料理は諸外国の影響を受けており、スマトラのパダン料理はインド、中近東、イスラーム文化の影響で肉や野菜を香辛料で煮込んだ料理が多く、ジャワ料理はヒンドゥー教と仏教の影響を受けたため、肉を使う料理が比較的少ないです。ジャワ島ではテンペ(tempe)や豆腐と野菜を使った料理が発達しています。
多くの文化が共存するインドネシアは食材も日本で見ることのない食材も多く使われており、大変興味深い国であります。
0商品

現在、商品はございません。